© 2017 by Bosco Garden Inc.

Services

住友化学グループとの提携による種苗の輸入販売や、サントリーフラワーズ、デルモンテ、カゴメ、サカタのタネ、タキイ各社との契約栽培は西日本随一、同時に共同で新品種開発を行っています。(敬称略)

また、種子や苗の輸入、育種、生産、ガーデンの施工管理まで一括して行う体制となっております。

花育事業

BOSCO GARDENの花育プログラムでは、学校・家庭・地域社会のなかで花とみどりと触れ合うことで、「情操教育」「社会教育」の両面から学ぶ機会を提供します。そして「命」を学ぶだけでなく、「社会のシステム」を学ぶことで、生きていくための「現実力」と「創造力」のある人材育成に貢献するプログラムです。

種子輸入事業

オランダ、イギリス、中国、アメリカをはじめ世界中から厳選された種子を輸入して20年。

​特に、宿根草種子においては、国内最多の3,500品種以上を取り扱っています。

​トマト品種においても、国内最多の630品種を輸入しています。

ガーデン管理事業
公共花壇、企業向け庭園管理、個人庭園設計施工等の花壇管理業務を生産から一貫して行っています。
法人事業

今、私達を取り巻くあらゆる環境は変わりつつあります。また、コミュニケーションのあり方もさらに多様化しています。しかし、そんな中でいつの時代も変わらないのは人々の想い。「想い」が「花」に注ぎ込まれたとき、花はコミュニケーションするメディアになります。
BOSCO GARDENは「心を伝える」という変わらない人の営みに、花を通じて空間演出、環境開発、文化交流などにもフラワービジネスの無限の可能性を見つけています。
私どもは人と文化そして未来の架け橋となるフラワーコミュニケーションをテーマに自然への感謝を忘れることなく、さらなるコミュニケーションの深化をすすめております。

育種事業
国内はもとより世界中から集めた遺伝資源を使い、オリジナル新品種の育種開発を行っています。
また、国内での品種登録と国外での品種登録に加え、登録品種のパテント管理も行っています。